3つの節税策(富士)

顧問税理士が教えてくれない効果絶大の節税手法を3つ伝授します
会計事務所歴25年の男性も驚愕した節税手法をあなたに

【7月】無料電子書籍ご登録フォーム

表紙


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

私は(特に法人税)の節税手法を常に追い求めている、節税に超積極的な税理士です。

おかげで経営者仲間やお客様から節税や資金繰りの質問をよくされるのですが、昨今、保険による節税が封じられてしまいました。正確に言えば封じられていないのですが、損金に算入できる金額が大幅に減ってしまう見込みです。

多くの方は「節税=保険」だとお考えかと思いますが、実は他にもあります。最もポピュラーなもので言えば、経営セーフティ共済(旧 倒産防止共済)になります。セーフティ共済は年間240万円、合計800万円まで掛金を損金化することができます。期の終わりでも可能ですので、目先の節税効果はそこそこ見込めます。

このレポートでは、セーフティ共済に加えて、次の2つの節税策を公開します。

 

スキーム1:減価償却資産による節税策
スキーム2:海外不動産による節税策

 

いずれも、キャッシュアウトは増えますが、節税効果は絶大です将来的には取り戻すことができますので、目先の税金を圧縮するにはもってこいの施策になります。

保険が使えなくなって肩を落としてしまっている経営者の方にとっては、正に寝耳に水の節税策になります。「何か節税策はないか」と苦しんでいるあなたに手に取って頂きたいと切に思います。

 

中小企業が安定した経営をするためにも、節税をして資金流出を減らすことを使命としています。
ぜひ、試してみて下さい。驚くほど節税を実感することができるかと思います。

【7月】無料電子書籍ご登録フォーム

表紙


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

投稿日:2019年7月6日 更新日:

Copyright© 勘定科目大百科 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.