秘密④

給与から天引きする所得税等の勘定科目

投稿日:2013年1月8日 更新日:

給与から天引きする所得税・各種保険料の個人負担分は、預り金(負債)になります。

所得税や各種保険料につきましては、従業員が直接納付するのではなく、
会社で天引きをして、月単位でまとめて納付を行います。

したがって、給与から天引きする分につきましては、
従業員が納める分を預っておいて、その後に納付するものですので、
ただの預り金(負債)に過ぎません。

費用処理してしまうことがないよう、注意して下さいね。

例)
給与1,000を支払うにあたり、所得税100、
社会保険料150を控除して現金で支払った

(給与)1,000  (現金)750
         (預り金)250

給与勘定と預り金勘定を相殺してしまうことのないよう、注意して下さい。
給与はあくまで額面総額が給与勘定となります。
手取り分ではありません。

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.