秘密④

ガス代の勘定科目

投稿日:2013年2月23日 更新日:

ガス代の勘定科目は、光熱費になります。

光熱費に該当するものは、ガス代の他には電気代・水道代があります。
なお、電話代につきましては、通信費となります。

ここで注意してもらいたい点があります。
それは、個人事業者で自宅兼事務所としている場合のガス代です。
この場合、家事按分が必要になります。

按分比率の考え方は色々あるかと思います。
仕事でガスを大量に使うような場合(あまりないでしょうが)は、
その分、比率を上げても問題はありません。

ですが、特にガスを大量に使うような状況ではない場合、
家賃や他の光熱費と同じ按分比率にするのがいいと思います。
家賃の70%が家事按分されているのであれば、ガス代も70%を家事按分しましょう。

例)
ガス代4,000を現金で支払った。

(光熱費)4,000  (現金)4,000

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.