秘密④

輸送費の勘定科目

投稿日:2013年2月23日 更新日:

輸送費を支払った場合の勘定科目は、支払運賃になります。

商品等を輸送した場合、通信費ではなく輸送費として独立させましょう。
その方が、収益に対する費用の割合を計算する上で楽です。
また、コスト管理もできますので、独立させることをおススメします。

なお、輸送費で注意してもらいたいのは、海外に輸送した場合です。
海外に輸送した場合、消費税の取り扱いが免税取引となりますので、
消費税は課税されないことになります。

通常の輸送費は課税取引になりますので、
海外に輸送することがある場合には通常の輸送費と分けておきましょう。
会計ソフト等で分類を設けるなどして、課税と免税をわけておくことをおススメします。

例)
商品の輸送費1,000を現金で支払った。

(支払運賃)1,000  (現金)1,000

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.