秘密④

有価証券の勘定科目

投稿日:2013年2月18日 更新日:

有価証券を購入した場合の勘定科目は、有価証券か投資有価証券になります。

有価証券は、株式・債券が該当します。
切手なども有価証券と言われますが、会計上の有価証券は株式と債券のみです。

有価証券の取得価額は次の算式により算出します。

有価証券の取得価額=購入代価+付随費用

有価証券はその保有目的により勘定科目が異なります。

・売買目的有価証券

有価証券勘定を使用します。
ただし、売買目的有価証券には通常該当しません。
売買目的有価証券とするためには、常時有価証券の売買を行っているような事実が必要です。
自社にトレーディングルームがあるなどの条件であれば大丈夫ですが、
通常はこれに該当することはないでしょう。

・子会社株式

子会社株式勘定を使用します。
他者の株式を50%超保有する場合には子会社株式になります。

・満期保有目的債券

投資有価証券勘定を使用します。
なお、利息の計算につきましては、償却原価法により行い舞ます。

・その他の有価証券

投資有価証券勘定を使用します。

 

例)
有価証券1,000を手数料100とともに現金で購入した。
なお、保有目的は特にない。

(投資有価証券)1,100  (現金)1,100

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.