秘密④

マイナス金利の影響で住宅ローン金利が下がる?

投稿日:2016年1月29日 更新日:

本日、日銀からサプライズニュースが。

マイナス金利の適用

金利がマイナスになる訳ですから、
お金を預けていくとお金が減っていってしまうことになります。
通常の金利(プラス金利)の逆なので、マイナス金利と言うんですね。

ちなみに、一般の人の預金金利がマイナスになる訳ではありません
そうしたら、確実に取り付け騒ぎが起きます^^;
マイナス金利は、銀行が日銀に預ける金利がマイナスになるだけです。

マイナス金利の効果としては、

・銀行が日銀にお金を預けない(マイナスになるから)
・お金だけ持っていても利益が出ないので貸し出しを増やす
・お金を借りられなかった人も借りられる?
・投資や消費が増える
・経済が良くなる

こんな感じの効果が見込まれます。

ただし、異常事態であることは間違いありませんので、
長い間続いてしまうとマイナス成長になってしまいます。

そうならないようにするのが、日銀の腕の見せ所ですかね。

とりあえず、預金金利も下がるかもしれませんが、
住宅ローンの金利も下がってくれるかもしれません。

現状、大手銀行でも0.6%台の超低金利です。
ここからさらに金利が下がる・・・
ちょっと考えにくいですがあるかも知れませんね。

ちなみに、住宅ローン控除は1%です。
金利とのスプレッドがまた開くかも知れません。

借りた方が得になる

そんな時代の幕開けになるのでしょうか。
繰り上げ返済しちゃいけませんね(笑)

スポンサードリンク

-KENの独り言
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.