ue

2つ以上のデータをSUMIFで集計する方法

投稿日:

エクセルシリーズ第2弾です。
前回の記事が割とアクセス多かったので、
エクセルに悩む経理マンが多いのではないかと勝手に思い、
第2弾を作ってみました。

今回は、SUMIFで2つ以上のデータを集計する方法を紹介します。

例)
以下の給与データを、月別・人別に集計

7月:太郎1,000、花子800、一郎1,200
8月:太郎990、花子820、一郎1,150

0.月と名前を&で付ける「=J3&K3」
1.縦に人名(太郎・花子・一郎)
2.横に月(7月・8月)
3.SUMIFで集計「=SUMIF($I:$I,F$2&$E4,$L:$L)」

※絶対参照(F4キー)の際、
上記のようにやるとそのままコピーすれば全部いけます。
いちいち数式を直さないで良いので便利ですよ。

2015y07m22d_234702663

ということで、2つ以上のデータで集計する場合は、
「&」でくっつけて1つのデータにしてしまえばいいんですね。

ちなみに、最近のエクセルでは「SUMIFS」という関数があり、
これを使うともっと早く同じデータを集計することができます。

ただ、SUMIFSはあまり知られていないのと、
古いバージョンのエクセルやオープンオフィスなどでは
使用できない可能性があることから、
利便性を考えてSUMIFで集計した方がいいのかなと思います。

2つ以上のデータ集計に手間取ってたよ!という方は、
ぜひ1度お試しください。

 

スポンサードリンク

-KENの独り言
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.