秘密④

助成金の勘定科目

投稿日:2013年1月27日 更新日:

国等から助成金をもらった場合の勘定科目は、雑収入になります。

助成金をもらっても、しっかりと収入として課税の対象になります。
もらった分の何%かは税金を支払わないといけませんので、注意して下さい。

なお、資産購入のために助成金をもらった場合、
圧縮記帳という制度を使用して課税を繰り延べることができます。

圧縮記帳につきましては、処理がとても複雑ですので、
税務署か税理士に必ず確認するようにしましょう。

なお、圧縮記帳の大まかな仕組みについては以下の記事をご参照下さい。

参考)
圧縮記帳とは

例)
資産購入のための補助金1,000を受領し、
資産3,000を現金で購入した。

(現金)1,000 (雑収入)1,000
(資産)3,000 (現金)3,000
(圧縮損)1,000 (資産)1,000

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.