秘密④

貸会議室の勘定科目

投稿日:

貸会議室を借りた場合の勘定科目は会議費になります。

何のために貸会議室を借りたかによって勘定科目は異なります。
基本的には会議室ですので会議のために借りると思いますが、
その場合の勘定科目は、会議費となります。
会議のために係る費用ですので、当然ですよね。

それとは違い、セミナー等を開くために貸会議室を借りたような場合は、
会議費ではなくセミナーに係る費用となります。
セミナー業をしている会社であれば売上原価ですね。
また、新商品の発表のためであれば、広告宣伝費となります。

貸会議室を何のために借りたかで勘定科目が
全然違いますので、ご注意下さい。

参考)
会議費の概要
広告宣伝費の概要

例1)

会議のために貸会議室を借り、代金1,000を現金で支払った。

(会議費)1,000   (現金)1,000

例2)

新商品の説明会の会場として貸会議室を借り、代金3,000を現金で支払った。

(広告宣伝費)3,000  (現金)3,000

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.