秘密④

お守りの勘定科目

投稿日:

お守りを購入した場合の勘定科目は、寄附金か雑費になります。

神社やお寺で販売しているお守りにつきましては、収益事業ではなく、
公益事業として行われているものになりますので、当該お守りについては、
喜捨金と同じ取り扱いとなります

喜捨金は寄附金と同じ取り扱いになりますので、寄附金勘定を使用する
のが一般的な会計処理と言えるでしょう。

ただし、お守りという資産の譲渡を受けていますので、単純に物品の購入として、
消耗品費勘定や雑費勘定を使用しても問題ありません

なお、一般の店舗等で販売されているお守りについては、
収益事業として行われているものですので、寄附金には該当しません。
したがって、消耗品費勘定又は雑費勘定を使用します。

また、消費税等の取り扱いは以下のようになります。

・公益事業(神社・お寺等)

課税

・収益事業(お土産物屋等)

課税

消費税の取扱いがことなりますので、注意して下さいね。

参考)
寄附金の概要

例)
商売繁盛のお守りを神社で購入し代金700を現金で支払った。

(寄附金)700  (現金)700

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.