秘密④

封筒の勘定科目

投稿日:2013年1月18日 更新日:

封筒を購入した場合の勘定科目は、消耗品費になります。

封筒は常時使用するものですので、購入時に消耗品として費用計上が可能です。
貯蔵品経理をしても良いのですが、普通は消耗品として費用処理を行います。

なお、社名入りの封筒を印刷した場合の印刷代金は、
消耗品費ではなく広告宣伝費になります。
社名部分は、他の人への宣伝の要素を持っていますからね。

あくまで、封筒自体を購入した場合の処理になりますので注意して下さい。

ただし、印刷代と封筒代が明確に区分出来ず、
金額も特に重要ではないと判断するものでしたら、
合わせて消耗品費としてしまって問題ありません。

例)
封筒1,000を購入。
社名印刷費用200と合わせて現金で支払った。

(消耗品費)1,000  (現預金等)1,200
(広告宣伝費)200

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.