ue

交際費の概要

投稿日:2013年1月2日 更新日:

交際費とは、仕入先や得意先などとの接待にかかった費用です。
飲食はもちろんのこと、お土産やプレゼントなども交際費になります。
また、結婚式のご祝儀やお葬式の香典なども交際費になります。

堅苦しい言葉で言いますと、


接待・供応・慰安・贈答・その他これらに類する行為

が交際費に該当します。
慰安には、従業員に対する接待も含みますが、
従業員相手の場合、福利厚生費とすることもあります。
ここはわかりにくいところですね。

基本的には、飲み食いをさせたりプレゼントをしたら交際費です。
ですが、その金額が少額であったり従業員に対するものの場合、
交際費以外になる可能性があります。

事例ごとに異なるのですが、大体の目安で言いますと、

・昼食やお茶代は会議費等の交際費以外の科目もOK

ただし、高額なランチなどの場合は交際費に該当する恐れがあります。
高額の基準もあいまいなのですが、1人3,000円以下程度のものであれば、
会議費として問題ないケースが多く見られます。

・従業員に対する忘年会等は福利厚生費でOK

ただし、一部の従業員に対するものはNGです。
あくまで、全社的に行うような忘年会等の会合であれば、
1人5,000円程度であれば福利厚生費として問題ないケースが多く見られます。

法人の場合、交際費となりますと一部が費用になりませんので、
なるべく交際費にしたくないかと思います。
交際費かどうか微妙なものがあれば、この2つの基準を参考にしてみて下さい。

なお、個人事業者の場合は家事按分を除いた分は全て必要経費にできますので、
交際費か他の科目かはあまり気にしなくても問題ありません。

・ポイント

接待やプレゼントの費用は交際費

スポンサードリンク

-経費関係

Copyright© 勘定科目大百科 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.