「 節税 役員社宅 所得税 」 一覧

a1180_011258

節税講座6【役員社宅編】まとめ 節税講座6-4

役員社宅は、木造であれば132平米以下、鉄筋であれば99平米以下の社宅であれば、 従業員の社宅と同様に取扱うことができますので、 賃貸料相当額の15%~50%程度を支払っておけば問題ありません。 細か ...

a1600_000261

役員社宅があるとどの位費用にできるのでしょうか? 節税講座6-3

通常、自宅であれば自分のお金で家賃を支払う必要があります。 しかし、役員社宅の規定を適用すれば、賃料の一部を会社の経費とすることができます。 しかも、自己負担分が適正額であれば、会社が負担した家賃分は ...

a1180_011253

役員社宅と役員給与の密接な関係 節税講座6-2

  適正な賃貸料相当額よりも少ない金額しか受取っていない場合、 その金額は役員給与 として扱います。 もちろん、賃貸料相当額を1円も受取っていない場合も同様です。 例) 賃借料15万円の物件 ...

a0002_008324

役員の自宅を社宅にする方法 節税講座6-1

今回のテーマは、「役員の自宅を社宅にする」になります。 従業員の社宅が可能であれば、役員の社宅はどうなの? と思われた方もいらっしゃったかと思います。 結論としましては、「役員の社宅もOK」となります ...

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.