勘定科目、仕訳のことなら税理士が伝授する勘定科目大百科へ

勘定科目大百科

税務顧問契約の内容&コンタクトフォーム

顧問契約は、基本的に月額料金及び決算料金を合わせまして年間で16ヶ月分を頂戴しています。
(例:月額3万円の場合、3万円×16ヶ月=48万円/年)

ただし、1年分を一括でお支払い頂いた場合、1ヶ月分をサービスして15ヶ月分としています。ぜひ、ご活用下さい。

顧問料に含まれるものは、

・税務申告
・記帳指導
・節税提案
・売上アップのご提案

などが主なものとなっています。
通常の事務所と違うのは、節税と売上アップの提案があることですね。この2つをカバーしている税理士事務所は他にないのではないでしょうか。

なお、税務調査があった場合の立会いや、譲渡・相続などの特殊案件につきましては、別途料金を頂戴しております。また、記帳代行は上記金額に含まれておりません。

月額の料金は事業者によって異なりますので、一概にいくらとは言えません。また、求められる内容によっても金額が相違しますので、ケースバイケースになります。

なお、月額数千円程度で顧問契約をしている事務所もあるようですが、私のところでは最低でも月額2万円程度~となっておりますので、安さを求められる方につきましては、他の事務所に当たってみて下さい。

格安事務所と違い、当事務所は税理士である私が直接ご応対しますので、より高いパフォーマンスを上げることができますので、月額数千円程度という顧問料を設定することはできません。

私は税務や会計のアドバイスはもちろん、売上アップをはじめとした経営についてもできる限りご協力させて頂きます。

最低でも顧問料以上の価値を提供するのは当然として、それ以上の付加価値を出せるよう、全力でサポートすることを約束させて頂きます

顧問契約についてご質問のある方は、お電話か以下のフォームよりご連絡下さい。

事務所電話番号(受付時間:AM9:00~PM10:00)
03-6331-0662

※「はい、冨田税理士事務所です」と出ます。

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

投稿日:2013年12月10日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.