税理士KENの”無料”節税メルマガ登録ページ

untitled1


もしあなたが、

「税金が高い」
「税金をもっと安くしたい」
「合法的に税金は安くできないのか?」
「税理士を雇うほどでもないけど節税したい」

そう感じているのであれば、朗報があります。東京税理士会に所属する税理士KENが、その悩みを解決します。利益を出せば、税金は支払わなければなりません。しかし、無駄に高過ぎる金額を払う必要はありません。本物の税理士が本物の節税方法を無料でご紹介します。


税理士が教える 1人でできる節税講座
お名前  *
メールアドレス  *
会社名  *
URL
決算月  *

◆節税講座にエントリーするまでの流れ
・上記フォームより、お名前・メールアドレス・会社名・URL・決算月を入力
・「登録」ボタンをクリック
・1分以内に登録頂いたメールアドレスにサンクスメールが届く
・翌日から節税講座スタート

※1.URL以外は必須項目ですので、入力しないと登録できませんまた、明らかに人名・会社名でないものを入力された場合、登録は削除させて頂きます
※2.フリーメールをご利用の場合、メールが届かない可能性があります。1分経ってもメールが届かない場合、迷惑フォルダに行っている可能性がありますので、
メールが届かない場合は迷惑フォルダもご確認下さい。

本当に正しい節税情報をあたなへ

インターネットが発達したことにより、多くの情報を収集することができるようになりました。しかし、逆に多すぎることで弊害も生じています。どの情報が本当に正しい情報かがわからないのです。

法人税や所得税などの税に関する相談コーナーや、節税テクニックのようなものを紹介しているサイトもありますが、良い内容であるものも悪い内容であるものもあります。

そもそも、税理士資格を有しない者が税務について語ることは、税理士法に違反する行為であり許されるものではありません。

※税理士法第52条
税理士又は税理士法人でない者は、この法律に別段の定めがある場合を除くほか、税理士業務を行つてはならない。

私が見たサイトで、明らかに間違った節税に関する情報を配信しているものがありました。居てもたってもいられず、サイトの管理者にその旨を指摘しましたが、返信はありませんでした。そして、そのサイトは、今でも平然と更新が続けられています。

もし、このサイト通りの節税(?)法を信じて実行してしまったとしたら、恐らく税務調査で指摘を受け、下手すると重加算税の対象となるかも知れません。そういった被害者が出ないことを心より祈るばかりです。

税理士資格を有しない、言わば税金の素人が節税方法を語るなど言語道断です。彼らは何の責任も負いませんので適当なことを言っても問題ないのです。

 

税理士は税金に関することを教えてくれない

では、税理士はインターネットを通じてどんな情報を配信しているのでしょう。私が見る限りでは、自社の宣伝や顧問先募集などがメインで、納税者の方が必要としている情報を配信しているところはほとんどありませんでした。

これはなぜでしょうか。
答えは簡単です。

お金にならないからです

税金に関することが聞きたければ、顧問先になって下さいというお話です。もちろん、税理士は税金のプロですからお金をもらうのは当然です。そういった事務所のやり方について文句を言うつもりは毛頭ありません。

誰もやらないから私がやります

私は経理処理や税務に関することなど、複数のサイトで無償提供しています。他の税理士と違いなぜこういったことをしているか。
それは、

素人が作ったインチキサイトを駆逐するためです

他の税理士がやらないのであれば、私がやります。そういった思いで、現在、経理処理・税務・簿記のサイトを立ち上げ、okwaveで税務相談も行っています。そして、これらの情報は全て無料です。自分の正義のためにも、できる限り無料で情報提供し続けていこうと思っています。

 

節税に関するメルマガをやります

法人でも個人でも、事業者の方が最も知りたい情報は何か。それを調べたところ、節税に関するニーズが最も高くなっていました。そこで、サイトを立ち上げて節税に関するお話を書いていこうと思ったのですが、ブログ記事にするには少し長過ぎるのであまり読まれないかも知れませんし、関連記事を探し辛いという問題もあるかと思います。

それでは意味がありませんので、メルマガとして3日に1回のペースで送ることとしました。これであれば、こちらから勝手にメールが来ますので読み飛ばすこともありませんし、ブラウザを閉じてしまったせいでどこを読んでいたかわからなくなってしまうようなこともありません。

こういった経緯から、節税に関する全10回のメルマガを作成しました。節税に興味がある方、特に事業者の方や経営者の方に読んで頂きたいですね。
節税メルマガの詳しい内容は次の通りです。

000a2ee8e091edf51771dfb6bd3b176b第1回:節税とはどんなものか?

まずは節税とはどういったものなのかというお話をします。特に、節税と脱税の線引きが理解できていない方もいらっしゃいますので、その点についてもご説明していきます。特に、節税には2種類あるというお話をしっかりと理解してもらいたいと思います。

000a2ee8e091edf51771dfb6bd3b176b第2回:社宅を手に入れる方法

社宅を使った節税方法を紹介します。社宅と言いますと大企業のイメージが強いかも知れません。しかし、大企業でなくても社宅を持つことはできます。社宅を持つメリットと節税効果についてお話します。

000a2ee8e091edf51771dfb6bd3b176b第3回:役員の自宅も社宅になります

役員の社宅についてお話します。オーナー企業の場合、特に役員に対する役務提供等は厳しくなるのですが、社宅については比較的緩やかな規定となっています。その内容と、どのようにすれば社宅とできるかについてお話します。

000a2ee8e091edf51771dfb6bd3b176b第4回:減価償却資産と一括償却資産と損金算入

資産を購入した場合、減価償却を通じてしか費用化することができません。100万円の資産を購入したからと言ってその年に100万円を経費にはできないのです。そのカラクリと、資産を購入しても全額を経費にできる方法をお話します。

000a2ee8e091edf51771dfb6bd3b176b第5回:4年落ちのベンツが人気の理由

節税の代表格として4年落ちのベンツのお話があります。ここではそのメカニズムを紹介すると共に、効率良く費用化する方法を、事例を交えながらご紹介していきます。

000a2ee8e091edf51771dfb6bd3b176b第6回:家族旅行は経費になる?

家族経営の会社では、旅行を費用にしたいというニーズが強くあります。もちろん、普通に行った家族旅行を経費にすることはできません。しかし、条件を満たすことによって経費とすることができる方法があります。

家族で楽しく旅行し、かつ、経費で落とす

正に良いとこ尽くしの節税方法と言えるでしょう。

000a2ee8e091edf51771dfb6bd3b176b第7回:出張時に非課税所得を増やすテクニック

会社からお金をもらうと、基本的には全て給与となります。しかし、出張の場合にはお金をもらっても給与とされないものがあります。もちろん、会社は経費にすることができて、もらう側は給与にならない一粒で二度おいしい方法をご紹介します。

なお、当然ですが役員であっても給与にはなりませんので所得税は課税されません。

000a2ee8e091edf51771dfb6bd3b176b第8回:税金で払うくらいなら賞与で払った方が得?

決算賞与について解説します。決算賞与は損金算入要件があり、間違えてしまうと費用にできません。

税務調査で指摘された場合には、多額の追徴課税をされる可能性があります

内容はもちろん、要件についても解説しますので、ぜひ目を通しておいて下さい。

000a2ee8e091edf51771dfb6bd3b176b第9回:保険で節税?

個人ではポピュラーな保険ですが、実は法人でも利用できます。基本的には、掛け捨てであれば費用にできますが、積立の保険は費用にできません。しかし、ある保険を利用すると積立金額の一部を費用とすることができますので、非常に高い節税効果を発揮することができます。

この有用性の高い保険の効果的な利用方法と合わせてご紹介しますので、今まで保険に興味がなかった方もぜひお読み下さい。

000a2ee8e091edf51771dfb6bd3b176b第10回:節税講座を振り返って

節税講座を振り返ります。

今まで忘れてしまったような項目のおさらいや、節税の考え方など、今後の経営活動における注意点についても言及していきます。
ここまで読めば、かなりの節税マスターになれるかと思います。なお、全10回の節税メルマガ終了後は、一般のメルマガに合流します。一般のメルマガでは、不定期で税に関するお話や税務調査の事例、ご質問に対する回答など盛りだくさんの内容でお伝えしていきます

一般メルマガは、節税メルマガ終了後しか移行できませんので、早くても登録してから1ヶ月後が最初のメルマガとなります。楽しみに待っていて頂けますと幸いです。とりあえず、節税メルマガでしっかり勉強してもらえたら幸いです。

税理士が教える 1人でできる節税講座
お名前  *
メールアドレス  *
会社名  *
URL
決算月  *

◆節税講座にエントリーするまでの流れ
・上記フォームより、お名前・メールアドレス・会社名・URL・決算月を入力
・「登録」ボタンをクリック
・1分以内に登録頂いたメールアドレスにサンクスメールが届く
・翌日から節税講座スタート

※1.URL以外は必須項目ですので、入力しないと登録できませんまた、明らかに人名・会社名でないものを入力された場合、登録は削除させて頂きます
※2.フリーメールをご利用の場合、メールが届かない可能性があります。1分経ってもメールが届かない場合、迷惑フォルダに行っている可能性がありますので、
メールが届かない場合は迷惑フォルダもご確認下さい。

無料メルマガ+特典

種々雑多あるサイトの中より、私のサイトを見つけて頂きありがとうございます。さらに、節税メルマガのご紹介ページにアクセス頂き、さらにさらに、こんな下まで読んで頂いたことに感謝をしまして、以下のメルマガ登録特典を付けさせて頂きます。

 

無料メール相談(メルマガを解除するまで回数無制限)

 

税務に関すること、経理に関すること、経営に関すること。どんなことでも構いませんので、メールを送って下さい。メルマガ読者の方は最優先で回答させて頂きます。通常であれば3営業日以内、決算期・確定申告期等の繁忙期につきましては、1週間以内に必ずお返事させて頂きます。

顧問税理士がいない事業者の方はもちろん、セカンドオピニオンが欲しい方や、もちろん同業の税理士の方であってもご質問を受け付けますので、効果的に利用して頂けますと幸いです。

追伸

間違った情報を配信する人、お金をもらわないと教えない人。色々な人がいる世の中ですが、どれが正しいかどうかはわかりません。ただ、私はどんどん公開していくべきだと考えておりますので、自分の真理に従ってこの無料メルマガを始めることとしました。

税理士というと近寄りがたいイメージをお持ちの方もいると思いますが、身近な相談者として税理士以上の存在というのはなかなかいないと思います。孤独に闘う経営者や事業者のお役に立てるよう、頑張っていきますね。

あなたからの最初のメールを心待ちにしております。長文・駄文にお付き合い頂きましてありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

税理士 KEN



税理士が教える 1人でできる節税講座
お名前  *
メールアドレス  *
会社名  *
URL
決算月  *

◆節税講座にエントリーするまでの流れ
・上記フォームより、お名前・メールアドレス・会社名・URL・決算月を入力
・「登録」ボタンをクリック
・1分以内に登録頂いたメールアドレスにサンクスメールが届く
・翌日から節税講座スタート

※1.URL以外は必須項目ですので、入力しないと登録できませんまた、明らかに人名・会社名でないものを入力された場合、登録は削除させて頂きます
※2.フリーメールをご利用の場合、メールが届かない可能性があります。1分経ってもメールが届かない場合、迷惑フォルダに行っている可能性がありますので、
メールが届かない場合は迷惑フォルダもご確認下さい。

2016/12/06

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.