【完全無料】顧問税理士がヒタ隠しにする節税手法

2017y04m17d_185846539

東京税理士会に所属する税理士KENがとっておきの節税手法を全60ページの大ボリュームでご紹介致します。

2017y03m28d_210108783

入手方法は簡単で、下記のフォームにメールアドレスを入れて「今すぐ節税レシピを手に入れる」ボタンを押すだけです。



顧問税理士が教えてくれない節税レシピ
メールアドレス  *

※フリーメールをご利用の場合、メールが届かない可能性があります。1分経ってもメールが届かない場合、迷惑フォルダに行っている可能性がありますので、メールが届かない場合は迷惑フォルダもご確認下さい。

プライバシーポリシー

50万円の節税=2,500万円の売上!?

あなたの会社の利益率は何パーセントでしょうか。ここでいう利益率とは、「当期の利益÷売上」です。仮に売上高が5,000万円、当期利益が100万円の場合は、利益率2%ということになります。つまり、100万円手元に残すには5,000万円の売上を上げなければならないことになります。

一方、税金は当期純利益に直接インパクトを与えます。仮に税額が100万円だった場合、単純に当期純利益は100万円少なくなります。ということは、そのうち50万円節税できたとしたら、2,500万円の売上と同じ効果が生じることになります。2,500万円の売上を上げるのは大変ですが、50万円の節税はそんなに難しくありません。

であれば、どうでしょう?

節税頑張った方がいいですよね?

顧問税理士の言いなりになっていませんか?

しかし、自分ではどうやって節税するのかよくわからないというのが実情だと思います。となると、頼りにするのは顧問税理士ですね。あなたの顧問税理士は節税に積極的でしょうか。恐らくですが、そうではないのかなと思います(そうだったらこのページには辿り着かないですよね)。

これはなぜか。色々あると思うのですが、

  • 節税策を提案するのが面倒
  • 節税しても(顧問税理士の)フィーは上がらない
  • 税務調査がきたら嫌だ

とうのが主な理由なのかなと思います。

まぁ、それは各先生の考え方ですので私がどうこう言う問題ではありませんが、あなたが節税難民になってしまうのはいたたまれません。そこで今回、効果の大きい節税手法8つを無料で公開することとしました。もちろん、無料だからと言って手を抜くつもりは一切ありません。節税は私の最も得意とするコンテンツの1つですので、包み隠すことなく公開していきます。

あなたの顧問税理士が残念ながら節税に消極的な税理士だった場合、あなたが何を言っても顧問税理士は節税策を指南してくれないと思います。そうしたら、あなた自身で節税対策をするしかありません。

 

「でも、素人に節税対策なんてできるのだろうか?」

 

そう思われたかも知れませんね。もちろん、税理士でないと難しい節税策もあるのですが、今回ご紹介する8つの節税レシピにつきましては「素人でも全然余裕でできる」内容になっています。あなたの税金に関する知識がどの位あるかはわかりませんが、ここまで読んで頂いた読解力があれば十分に実践可能なレベルの内容です。

節税対策をしてくれない顧問税理士が悪いのではありません。顧問税理士に頼りってしまったあなたに問題があるのです。他人のせいにするのは時間の無駄ですので、一秒でも早く節税策に乗り出していきましょう。

節税に関する全60ページのレポートをあなたに

法人でも個人でも、事業者の方が最も知りたい情報は何か。それを調べたところ、節税に関するニーズが最も高くなっていました。そこで、サイトを立ち上げて節税に関するお話を書いていこうと思ったのですが、ブログ記事にするには少し長過ぎるのであまり読まれないかも知れませんし、関連記事を探し辛いという問題もあるかと思います。

それでは意味がありませんので、全60ページのレポート「節税レシピ」を作成し、かつ、2日に1回のペースで補足メールを送ることとしました。これであれば、こちらから勝手にメールが来ますので読み飛ばすこともありませんし、レポートの復習もできますね。

節税に興味がある方、特に事業者の方や経営者の方に読んで頂きたいですね。
節税レシピの詳しい内容は次の通りです。

節税全レシピの紹介

279600レシピ1:【給与よりもお得】社宅を経費にする方法

社宅と言うと大企業だけのものと思っていませんか?大企業でなくても「借上社宅」という制度を取り入れることで、社宅を持つことが可能になります。給与の代わりに社宅を支給すると、一定額まででしたら給与として認定されません。実質的に給与であるにも関わらず給与とされないことにより、社会保険料の圧縮にも繋がります。一粒で二度おいしい節税策と言えるでしょう。

279600レシピ2:【聞いてないよ!】役員社宅は50%しか経費にならないという嘘

役員の社宅をお持ちの方は多いと思います。ただ、役員個人の負担額を顧問税理士に言われるまま50%としていたのであれば問題です。実は、50%どころか80%程度まで経費にすることができる方法があります。50%⇒80%は1回だけ役所に出向けば誰でもできます。賃料が20万円であれば、50%と比べて、年間で70万円以上も経費にすることができますので、大きな節税効果を生むことができます。

279600レシピ3【決算対策に超効果的】固定資産を一発で経費にする方法

たかだか数十万円の資産を10年以上かけて費用化している会社がたくさんあります。固定資産を分解することで全体の耐用年数を大幅に減らし、当期の経費算入額を大幅に増やす方法をお伝えします。

279600レシピ4【あの有名な手法をあなたに】ベンツを1年で経費にする方法

4ドアのベンツを買うと云々という書籍を聞いたことがあるかも知れません。その内容にプラスして、取得年度の経費算入額を増やせる方法を公開します。また、補足メルマガでは1億円以上節税した方法をご紹介しますのでお楽しみに。

279600レシピ5【初耳ですか】家族旅行を経費にする方法

同族企業の場合、家族旅行を経費にする方法があります。ただ単に旅行へ行っただけですと役員給与として二重課税を受けてしまいますので、この方法を熟読して旅行を経費にできるようにしましょう。

279600レシピ6【やってないのは大損!】出張で非課税所得を増やす方法

出張が多い会社はもちろん、出張があまりなくても作っておかなくてはならない規程があります。これを作ることで、1円の出費もなく経費算入額を増やすことができます

279600レシピ7【従業員に喜ばれて税金が減る】決算賞与を払う方法

決算対策としてはポピュラーな方法ですが、実はその運用は結構難しかったりします。内容をしっかり踏まえて、否認されない賞与支給をしましょう。なお、補足メルマガでは3,000万円以上の決算賞与を否認された事例をご紹介します。

279600レシピ8【財産は変わらないのに税額減】積立金を経費にする方法

ただお金を預けただけでは経費にすることができません。しかし、この方法を使うとお金を預けて経費にすることができるようになります。キャッシュに余裕があれば試したい方法ですね。

ここまで読めば、かなりの節税マスターになれるかと思います。なお、補足メール終了後は、一般のメルマガに合流します。一般のメルマガでは、節税・資金繰り・売上アップという会社のオーナーであれば誰でも知りたい情報を無料でお届けします。

なお、一般メルマガは、補足メルマガ終了後でなければ移行できません。節税の基本的知識を身に着けた方のみ辿り着けるようにしています。とりあえず、今すぐ節税レシピでしっかり節税について勉強してもらえたら幸いです。

2017y04m20d_003617759

顧問税理士が教えてくれない節税レシピ
メールアドレス  *

※フリーメールをご利用の場合、メールが届かない可能性があります。1分経ってもメールが届かない場合、迷惑フォルダに行っている可能性がありますので、メールが届かない場合は迷惑フォルダもご確認下さい。

プライバシーポリシー

さいごに

2017y03m27d_151356343 (1)

間違った情報を配信する人、お金をもらわないと教えない人。色々な人がいる世の中ですが、どれが正しいかどうかはわかりません。ただ、私はどんどん公開していくべきだと考えておりますので、自分の真理に従ってこの無料レポートを公開することとしました。

税理士というと近寄りがたいイメージをお持ちの方もいると思いますが、身近な相談者として税理士以上の存在というのはなかなかいないと思います。孤独に闘う経営者や事業者のお役に立てるよう、頑張っていきますね。

「節税レシピ」により、あなたの節税に関する悩みが吹き飛んでしまうことを心よりお祈りしております。長文・駄文にお付き合い頂きましてありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

税理士 KEN



顧問税理士が教えてくれない節税レシピ
メールアドレス  *

※フリーメールをご利用の場合、メールが届かない可能性があります。1分経ってもメールが届かない場合、迷惑フォルダに行っている可能性がありますので、メールが届かない場合は迷惑フォルダもご確認下さい。

プライバシーポリシー

2017/04/20

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.