ue

預託金の勘定科目

投稿日:2013年2月20日 更新日:

預託金を預けた場合の勘定科目は、差入保証金になります。

預託金は預けておいていつかは返ってくるものですので、預け金となり、
差入保証金勘定を使用するのが一般的です。

また、1年超の期間返還されない性質の預託金であれば、
長期差入保証金とするのが良いでしょう。

なお、ゴルフクラブの預託金の場合には、ゴルフ会員権と同じ勘定科目で
処理するのが一般的です。ゴルフ会員権は、ゴルフ会員権勘定か、その他
投資勘定になります。

それと、預託金の回収が見込めない場合には、貸倒引当金を設定すること
が考えられます。

この場合の貸倒引当金は、税務上損金算入できないものになります。
あくまで会計上だけの貸倒引当金となりますので、ご注意下さい。

例)
預託金10,000を現金で預け入れた。

(差入保証金)10,000  (現金)10,000

 

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.