副業していると確定申告が必要?

投稿日:

1.確定申告の対象者

確定申告は、1 年間(1.1~12.31)の所得が、38 万円超の方が対象となります。

ただし、給与所得者については、副業所得が20 万円以下(20万円を含みます)の場合、確定申告をしなくても良いこととされています。

なお、確定申告を「しなくても良い」という遠回しな言い方をしたのには理由があって、本来であればその所得を含めて確定申告をしなければならないんだけど、特別にしなくても良いですよという規定になります。

なので、例えば医療費控除や住宅ローン控除があって確定申告をする場合は、その副業所得の金額も含めて確定申告をしなければなりません

あくまで、確定申告をしなくてもいいよという規定であり、確定申告をする場合は副業分も当然含めることに注意して下さい。結構知らないですよね。

ちなみに、副業収入の範囲ですが、フリーマケットの収入などは除外することができます。家庭の不用品販売は利益なんて出ないよねというのが根拠で、ヤフオクなどのオークションも同じ取り扱いとなります。

※ただし、ヤフオクで荒稼ぎしているような場合、不用品販売の域を超えていますので、副業ではなく普通の所得としてみなされます。まぁ、普通は大丈夫ですけどね。

2.年収と所得はイコールではない

それから、これもまた勘違いされている方が多いのですが、「所得」とは売上ではなく、要は利益を指します。ですので、所得は次のように計算します。

■給与所得者以外
収益-必要経費=所得 ⇒ これが38 万円超かどうか

■給与所得者
給与-控除額=所得

※年末調整を行っている場合、給与所得に係る確定申告は不要です。

例1)
個人事業者Aの平成28 年度の収支は次の通りである。
売上:700 万円、経費:400 万円

700 万円-400 万円=300 万円>38 万円 ∴確定申告が必要

例2)
給与所得者Bの平成28 年度の副業収支は次の通りである。
売上:30 万円、経費5 万円

30 万円-5 万円=25 万円>20 万円 ∴確定申告が必要

例3)
給与所得者Cの平成28年度の副業収支は次の通りである。
売上:50万円、経費:40万円

50万円-40万円=10万円≦20万円 ∴確定申告不要

ちなみに、キャバ嬢が貢いでもらったブランド物のバッグを質屋に持って行ったような場合は、家庭の不用品の販売とは言い難い(キャバ嬢にとっては不用品かも知れませんが・・・)ので、普通の所得になります。立派な副業収入ですね。

もちろん、取得価額はゼロですので、販売した価格が所得になります(直接掛かった交通費とかは控除することができます)。

3.まとめ

最後、ポイントをおさらいしておきましょう。

■所得とは収入ではなく利益
■給与所所得者以外の場合、所得が38万円超で確定申告が必要
■給与所得者の場合、副業所得が20万円超で確定申告が必要
■給与所得者で副業所得が20万円以下であっても、確定申告をする場合は副業収入を含めて申告しなければならない
■フリマやヤフオクなどで家庭の不用品を売った場合は所得に含めなくてOK
■キャバ嬢が貢がれた品を売りに行った場合は所得に含めますよ!

スポンサードリンク

無料節税メルマガ

メルマガ募集バナー600

-法人税・所得税・消費税関係
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.