平成28年度年末調整に係る扶養控除等申告書の書き方

投稿日:2016年9月8日 更新日:

なんだかんだで年末も近くなってきました。
年末と言えば、年末調整ですね。

ということで、今回は平成28年度の年末調整に係る、
扶養控除等申告書(通称「マルフ」)の書き方についてお話します。

平成28年度の年末調整における一番の注意点は、

マイナンバーの記載があること

です。
従業員さんからマイナンバーを収集していない会社さんは、
この機会にマイナンバーを収集しておきましょう。

参考)
マイナンバーの収集方法とマイナンバー都市伝説について

~スポンサードリンク~

扶養控除等申告書の書き方(一番上の部分)

緑枠が会社で記載する部分、赤枠が従業員が記載する部分になります。

①所轄税務署長等(会社が記載)

従業員が住んでいるところを管轄している税務署、役所になります。
例えば千代田区であれば、麹町税務署と千代田区役所ですね。

所轄税務署を調べる
市区町村役場を調べる

② 氏名+印鑑(シャチハタでもOK)
③ マイナンバー
④ 住所
⑤ 生年月日
⑥ 世帯主の氏名、世帯主との続柄(自身が世帯主の場合は「本人」)
⑦ 配偶者の有無
(有か無に「○」)

配偶者や扶養親族、生命保険など、控除関係がない方(独身の方とか)は、
ここまで書けば年末調整終了です。

扶養控除等申告書の書き方(配偶者控除、扶養控除)

2016y09m09d_140503643

配偶者や16歳以上(平成13年1月1日以前生まれ)の扶養親族がいる場合で、
当該配偶者・扶養親族の所得が103万円以下の場合は、
配偶者控除・扶養控除の適用を受けることができますので、
こちらに記載をします。

まずは配偶者控除です。
配偶者の年収が103万円以下の場合に記載します。

⑧ 配偶者の氏名
⑨ 配偶者のマイナンバー
⑩ 配偶者の生年月日
⑪ 配偶者が70歳以上(昭和22年1月1日以前生まれ)の場合「○」を付けます
⑫ 配偶者の住所
⑬ 配偶者の所得(「その年の年収-65万円」所得がない場合又は左記算式で計算した結果がマイナスの場合は「0(ゼロ)」と記載
⑭ 平成28年中に該当することとなった場合はその月日・事由(例:●月●日 結婚)

次に扶養控除です。
16歳以上の扶養親族で年収が103万円以下の場合に記載します。

⑮ 扶養親族の氏名・マイナンバー
⑯ 扶養親族の続柄(例:「子」)
⑰ 扶養親族の生年月日
⑱ 扶養親族で、あなた又は配偶者の直系尊属(父母・祖父母)が70歳以上(昭和22年1月1日以前生まれ)の場合、該当箇所に「○」を付けます
  同居している場合は「同居老親等」に、同居していない場合は「その他」に「○」
  叔父・叔母などは直系尊属になりませんのでご注意を
⑲ 扶養親族が19歳~22歳の場合は「○」を付けます
⑳ 扶養親族の住所
㉑ 扶養親族の所得(「その年の年収-65万円」所得がない場合又は左記算式で計算した結果がマイナスの場合は「0(ゼロ)」と記載
㉒ 平成28年中に該当することとなった場合はその月日・事由(例:●月●日 事由は書かなくて良いかと思います)

扶養控除等申告書の書き方(障害者、寡婦、寡夫、勤労学生)

2016y09m09d_140516755

あなた・配偶者・扶養親族が障害者の場合、寡婦・寡夫(シングルマザー・ファザーで合計所得金額500万円以下で生計一の子がいる)の場合、勤労学生(年収130万円以下の学生)の場合に記載をします。

㉓ 該当箇所に「○」を付けます。扶養親族の場合は人数も記載します
㉔ 寡婦・特別の寡婦(※)・寡夫・勤労学生のうち該当するものに「○」を付けます。
※特別の寡婦とは、シングルマザーになってから婚姻をしておらず、扶養親族がいない所得金額500万円以下の人を指します

㉕ 以下の内容を記載します。
障害者:障害手帳などの種類と交付年月日、障害の等級
その人が配偶者・扶養親族控除の対象になる場合は、その人の氏名(特別障碍者の場合は同居の有無)
寡婦又は寡夫:寡婦・寡夫となった理由(死別・離婚・生死不明のいずれか)
生計を一にする子の氏名及びその子の平成28年中の所得見積額
特別の寡婦・寡夫に該当する場合は、平成28年中の所得見積額
勤労学生:学校名・入学年月日・平成28年中の所得の種類とその見積額

㉖ 平成28年中に該当することとなった場合はその月日・事由(例:●月●日 離婚)

扶養控除等申告書の書き方(他の所得者が控除を受ける扶養親族等)

2016y09m09d_140523038

あなたと配偶者が共働きをしていて、子供を一方の扶養に入れるような場合は、ここに記載をします。要するに、扶養親族を自分でなく配偶者の方で扶養控除をする場合に記載する欄です。

㉗ 扶養親族の氏名・続柄・生年月日・住所、配偶者の氏名・続柄(普通は配偶者)住所・異動月日及び事由

扶養控除等申告書の書き方(住民税に関する事項)

2016y09m09d_140533723

16歳未満の扶養親族(平成13年1月2日以後生まれ)がいる場合に記載します。

㉘扶養親族の氏名・マイナンバー・続柄・生年月日・住所・控除対象外国外扶養親族(該当するなら「○」)異動月日及び事由

以上で扶養控除等申告書の書き方はおしまいです。

この他に、配偶者特別控除・生命保険料控除等がある場合は、 給与所得者の保険料控除申告兼給与所得者の配偶者特別控除申告書、住宅ローン(2年目以降)がある場合には、給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書 の記載をします。

これらについては、別の記事で書きますね。

スポンサードリンク

無料節税メルマガ

メルマガ募集バナー600

-法人税・所得税・消費税関係
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.