ue

無申告加算税の勘定科目

投稿日:

無申告加算税を支払った場合の勘定科目は、租税公課になります。

無申告加算税も税金の一種ですので、
無申告加算税の支払いは基本的には租税公課となります。
また、経理方法によっては未払法人税等で支払うケースもあるでしょう

いずれにせよ、無申告加算税は罰則的な税金ですので、
損金不算入となります。
できれば、払わないで済むようにしたいものですね。

なお、無申告加算税の額は以下のルールによって決定されます。

・納付すべき税額が50万円まで

税額×15%

・納付すべき税額が50万円超

税額×20%

結構重い加算税となっています。

ただし、税務調査を受ける前に、
自ら申告した場合は無申告加算税の税率が5%に軽減されます。
自首すると罪が軽くなりますということですね。

仮に無申告の場合、早めに申告しましょう。

また、無申告加算税は法廷申告期限から1ヵ月以内に申告すれば、課されません。
意外と知られていませんので、覚えておきましょう。
もちろん、期限内に申告するのが一番ですが。。。

参考)
過怠税の勘定科目

例)
無申告加算税1万円を現金で納付した。

(租税公課)1万円 (現金)1万円

バナー


sita

~スポンサードリンク~

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.