内金を受け取った場合の勘定科目

投稿日:

内金を受け取った場合の勘定科目は、前受金になります。

売上に係る代金の一部について、
商品等の受け渡し前に受け取った内金については、
前受金として処理をします。

なお、商品等の受け渡しの基準は、
会社によって異なりますが、
一般的には、

財貨又は用益が移転した日

になります。

商品販売であれば、商品の引き渡しをした日、
役務提供業であれば、役務を提供した日が、
売上を認識する日となります。

この日前に代金を受け取っている場合は、
前受金として処理すればOKです。

参考)
前受金の勘定科目
前受収益の取り扱い
未収収益の取り扱い

例)
商品の引渡し前に、内金として1万円を現金で受け取った。

(現金)1万円  (前受金)1万円

スポンサードリンク

無料節税メルマガ

メルマガ募集バナー600

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.