ue

プレミアム商品券で売り上げた場合の勘定科目

投稿日:2015年8月30日 更新日:

売上の対価としてプレミアム商品券を受け取った場合の勘定科目は、売上になります。

最近、各自治体でプレミアム商品券が販売されています。
私が住む地域でも、1万円で11,500円分の商品券を購入することができました。

さて、このプレミアム商品券を売上の代金として受け取った場合、
どのように処理をしましょうか。

結論から言いますと、「売上」になります。
ただし、注意しなければならないのは借方です。

プレミアム商品券は後日、市区町村にお金と交換してもらいますので、
当該市区町村に対する「売掛金」という取り扱いになります。

通常の売掛金と分ける意味で、「商品券」などの勘定科目を設けるのも良いですね。

私のような消費者にとってはとてもありがたいプレミアム商品券ですが、
事業者さんからしますと代金の回収に時間が掛かりますので、
ちょっと厄介な存在ですね。

ちなみに、とある自治体では、商品券の現金化に1ヶ月以上掛かるとのことで、
資金繰りに窮する事業者が出てきているとのニュースもありました。

プレミアム商品券での売上が多い事業者については、
資金繰りもしっかりと頭に入れておきたいですね。

例)

商品3,000を販売し、代金はプレミアム商品券で受け取った。

(売掛金)3,000  (売上)3,000

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.