勘定科目、仕訳のことなら税理士が伝授する勘定科目大百科へ

勘定科目大百科

神棚の勘定科目

投稿日:

神棚の勘定科目は消耗品費か備品費か備品(資産)になります。

多くの会社では、会議室や社長室などに神棚があることがあります。
この場合の神棚購入費用の勘定科目は、消耗品費になります。

なお、神棚の設置を業者に依頼したような場合、
作業費がかかるケースがあると思いますが、
このような場合は、神棚の購入費用+作業費の合計額をもって、
消耗品費とします。

ただし、神棚の購入費用+作業費の合計額が
10万円以上の場合は、原則として資産(備品)となりますが、
特例により以下の取り扱いも可能です。

・10万円~20万円

一括償却資産として3年間で償却可能になります。
帳簿上は、備品費として全額費用計上し、
税務調整で3年償却とするのが一般的です。

※一定の中小法人、個人事業者の場合(青色に限る)

一定の中小法人や個人事業者で青色申告書を提出している場合、
取得価額30万円未満であれば全額当期の損金(必要経費)とすることができます
なお、この規定の適用を受けられるのは総額で年間300万円が限度となります。

参考)
消耗品費の概要
備品費とは
一括償却資産について

例)

神棚を購入し、代金5万円を現金で支払った。

(消耗品費)5万円  (現金)5万円

スポンサードリンク

無料節税メルマガ

メルマガ募集バナー600

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.