ue

香典の勘定科目

投稿日:2013年1月30日 更新日:

4b010ae6815b3fb7c05f2f0597c076d8_s

得意先等のお葬式で香典を支払った場合の勘定科目は、交際費か福利厚生費になります。

なお、香典の領収書をもらうことはできませんので、従業員の方等が精算される場合には自社で用意したフォームに記載してもらうのが良いでしょう。そして、そのフォームを精算書と一緒に保管しておくことで客観性を高めることができます。お葬式の案内状なども添付しておくとさらにいいですね。

もちろん、言い値で書くことになりますので、不正が発生する可能性があります。 ですから、税務調査でもチェックされる可能性が極めて高いので、注意して下さい。

なお、従業員のお葬式等の場合には、規程で定めておけば福利厚生費にすることができます。 規定では「本人の場合●万円、配偶者の場合●万円」といったように、金額を定めておきましょう。

慶弔費の勘定科目

また、香典については消費税の対象外取引となりますので、香典に係る仕入税額控除はすることができません

例)
得意先の葬儀で香典1万円を現金で支払った。

(交際費)1万円  (現金)1万円

バナー


sita

~スポンサードリンク~

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.