ue

流動比率が100%を切ったら要注意!?

投稿日:

さて、ビジネス会計検定の試験が近付いてきました。

あまりというか全然勉強していないので、
そろそろやらないとなということで、こちらにアップします。

今回は、流動比率についてです。

流動比率とは、

流動資産÷流動負債

で表される比率になります。
流動資産の方が多ければ1(100%)以上となり、
少なければ1未満となります。

この数値は、流動負債を支払う時に、
どの位流動資産がありますか?を知るものです。

流動負債はすぐに返さないといけないお金ですので、
手許に資金がないと返せなくってしまいます。
そうならないためにも、流動比率をチェックするんですね。

流動比率は、一般的に2(200%)以上が理想と言われています。
もちろん、業種等によって異なりますが、
流動負債の2倍位は流動資産が欲しいですねというお話です。

たしかに、すぐに返さないといけないお金が100万円あったとしたら、
200万円くらいは持っていないと不安ですよね・・・

中小企業ではこの流動比率が1未満であるところが結構あります。
しっかりとした資金繰りをするためにも、
流動比率を高めていけるようにしたいものですね。

例)
流動資産1,200、流動負債750の流動比率は何%か

160%

1,200÷750×100=160

バナー


sita

~スポンサードリンク~

-ビジネス会計検定
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.