ue

外れ馬券訴訟について

投稿日:

会社員の男性が競馬によって獲得した所得を申告せず、
5億7千万円を脱税したとして所得税法違反に問われた、
通称「外れ馬券訴訟」ですが、ついに検察が上告をしました。

1審・2審ともに、外れ馬券を経費と認める判決が出たのですが、
検察的にはこれが納得できないということでの上告です。

被告は、ほぼ全レースの馬券を自動的に購入するやり方で、
2007年から3年間で、

28億7千万円の馬券購入
30億1千万円の払戻金

を得ました
単純に計算すると、1億4千万円の儲けになりますが、
検察の主張ですと、購入した馬券のうち、経費にできるのは、
当り馬券に対応する分だけということで、何と29億円の儲けになるそうです。

このように、外れ馬券を経費にできるかどうかで、
利益が全く変わってきます。

1億4千万円儲けて、5億円以上の税金を支払うとか
普通に考えても意味がわからないこの裁判。
担税力を完全に無視しています

恐らく、上告も棄却されると思われるのですが、
被告の方は気が気ではないでしょうね。

さて、この裁判の概要を簡単に説明していきましょう。

競馬の収益金は一時所得に該当します。
一時所得は「ラッキー」でもらった利益のことで、
競馬の当りはラッキーでしょというのが国の見解です。
国が、競馬で儲けるのは無理だと断言しているんですね。

今回のケースでは、購入者の方が事業的に投資を行っていることから、
一時所得ではなく事業に係る所得(届け出をしていないので雑所得)
に該当すると言って裁判になっています。

一時所得では、当り馬券の購入費用しか経費になりませんが、
雑所得の場合は外れ馬券も経費にできるんですね。
何十点・何百点と購入して利益を出していますので、
外れ馬券を経費にするべき(=雑所得にしろ)と言う主張になっています。

個人的には、このような事業的規模の購入であり、かつ、
購入記録がわかるのであれば、わかる範囲で課税を行うのが、
良いのかなと思います。
わからない場合は今まで通り一時所得で。

一時所得の場合、年間50万円までは非課税ですので、
普通の方であればこっちの方が得なんです。
雑所得とされてしまうと、1円でも利益が出たら
税金を納める必要が出てきます。

ですので、

・儲かってる人 ⇒ 雑所得
・損している人 ⇒ 一時所得

としておくといいのですが、さすがに使い分けは難しそうですね。。。

課税をしないのが一番良いのですが、
課税するとしていたものを非課税にするのは
なかなか難しいと思います

ギャンブルは愚か者の税金などと揶揄されることがありますが、
ギャンブル費用に追加で所得税まで取ろうというのは、
虫が良すぎる話だと私も思います。
もちろん、嫌ならやらなければいいだけなのですが・・・

何はともあれ、一番悪いのは納税をしなかった被告人です。
検察も、理不尽とわかっていながらも、
被告人を懲らしめたいという気持ちが強いのではないでしょうか。
そうでないと、勝ち目のない上告などしないと思うので・・・

この結果で、税制も変わってくるかもしれませんが、
現時点の法律では、競馬なんてやらない方が良いと
断言されているようなものですね。

ちなみに、無申告については既に判決が出ています。
懲役2月、執行猶予2年。

脱税は犯罪です。
競馬の所得であっても、現時点の税法では申告の義務があります。
年間50万円超の利益がある場合は、必ず申告をしましょう。
外れ馬券は控除できませんが・・・

バナー

sita

~スポンサードリンク~

-法人税・所得税・消費税関係
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.