ue

イトーヨーカ堂の所得隠しから感じ取れたメッセージ

投稿日:

久しぶりにヤフーニュースで申告漏れの話題を見つけましたので、
このカテゴリで紹介します。

大手スーパーの「イトーヨーカ堂」が2010年3月期~2012年3月期までの3年間で、
約1億1千万円の所得隠しを指摘されたそうです。

って、イトーヨーカ堂の規模で1億ですか^^;
2012年度のセブンアンドワイホールディングスの売上が約5兆円、
セグメント情報によるとスーパー事業の売上が約2兆円
それで1億円とはちょっと・・・

以前、ダイエーグループか何かが自転車の修理時に渡す紙か何かで
印紙の貼付漏れがあったということがありましたが、
その位の規模の話ですね。
流通業というのは、全然取れない業種なのでしょうか。

なお、原因は会員獲得キャンペーンをやったことにより、
カード会社から受取った商品券を収益計上していなかったそうです
法人同士のビジネスで商品券・・・これも驚きですね。
そして、重加算税の対象となったのも驚きです。

ただ、この事例は非常に重要な事例で、
商品券をもらっても収益に計上しますよ
というメッセージだと私は捉えています。

何となく、お金でもらわない限り収益に計上しないという文化が
あるかと思いますが、商品券だろうと航空券だろうと、
金品をもらった場合は、その時価相当額を収益計上する必要があります

そうしないと、お金ではなく金券で代金を払えば税金が掛からないという
意味不明なことになってしまいますからね。

最近はポイントとか色々ありますが、基本は全て収益計上です。
税務調査でこのように突っ込まれる可能性があることを覚えておきましょう。

バナー


sita

~スポンサードリンク~

-税務調査関係
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.