2017y04m12d_151532951

永年勤続記念品の勘定科目

投稿日:

永年勤続された方に支給する記念品の勘定科目は、
福利厚生費か給与になります。

原則として、従業員に対して金銭や物品を支給した場合は給与ですが、
例外として永年勤続記念品につきましては、次の要件を満たす場合には、
給与としないことができる(通常は福利厚生費とします)とされています。
(所基通36-21)

・金額要件
記念品の額が役員又は使用人の勤続期間等からみて
社会通念上相当であること

・期間要件
おおむね10年以上の者を対象としており、2回目以降は
おおむね5年以上の間隔があること

どちらも結構ファジーなんですが、金額としては勤続10年なら5万円
程度までであれば全く問題ないでしょう。
10万円を超えるようなものですとちょっと・・・かも知れません。

また、金銭や商品券を支給してしまうと給与になってしまいます
ので、記念品や旅行、観劇への招待などにしておくのが無難です。

カタログのように多くの品物の中から選べるような場合は、これも金銭
支給と同じ扱いを受ける可能性がありますので、注意して下さい。

参考)
福利厚生費とは
給与の概要

例)
20年勤めた従業員に永年勤続記念として5万円の品を購入し現金で支払った。

(福利厚生費)5万円  (現金)5万円

~スポンサードリンク~

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.