ue

資本的支出と修繕費はどのように区分するのでしょうか

投稿日:

資産に対して支出した金額は、その資産の増加として扱う場合と、
その資産の修繕として扱う場合とがあります。

資産の増加となるケースを「資本的支出」と言い、
資本的支出があった場合は、減価償却を通じて費用化します。

逆に、修繕費となった場合は当期の費用として処理することができますので、
税金計算をする上で、資本的支出か修繕費かは非常に重要です。

では、どのようにして資本的支出と修繕費を分けるのでしょうか。

実務上は、修理改良等のための支出金額があった場合、
以下のチャートによって、区分していきます。

1.支出金額が20万円未満または3年以内の周期

Yes ⇒ 修繕費
No ⇒ 2へ

2.資本的支出の例示に該当するか

※資本的支出の例示
避難階段の取り付け、用途変更、高性能部品への変更など

Yes ⇒ 資本的支出
No ⇒ 3へ

3.支出金額が60万円未満または前期取得価額の10%以下

Yes ⇒ 修繕費
No ⇒ 4へ

4.支出金額の30%未満または前期末取得価額の10%

小さい金額 ⇒ 修繕費
大きい金額 ⇒ 資本的支出

実務的には、上記3くらいまでで大体解決します。
資本的支出の例示に該当しなければ、60万円未満であれば修繕費
としておけば問題ないことが多いですね。

税務調査でも必ず見られる項目ですので、大きな金額の修理改良等があった場合は、
必ず税務署や税理士に問い合わせをするようにして下さい。

-経費関係
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.