ue

建物賃借権の勘定科目

投稿日:

建物賃借権を支払った場合の勘定科目は、長期前払費用になります。

建物賃借権は建物を借りる際に支払う権利金で、
通常は返還されることはありません。
住宅で言うところの、礼金と同じ扱いですね。

建物賃借権も礼金と同様に、20万円未満でしたら支払時の費用にすることができます。
費用の勘定科目は、家賃等を使用している勘定科目で良いでしょう。
資産維持費勘定や支払家賃勘定ですね。

20万円以上の場合は、税務上の繰延資産となり、資産計上をします。
その際、償却を5年間で行うことから、「長期」前払費用となります。

なお、更新時に更新料の支払いや再度の建物賃借権の支払いがある場合は、
その更新年までの期間をもって償却期間(5年がMAX)とします。

・更新期間がない、又は5年超の場合

→ 5年償却

・更新期間3年、更新時に更新料の支払い

→ 3年償却

といった具合に処理すればOKです。

例)
建物を借りる際、礼金として100万円を現金で支払った。
なお、更新の定めはなく当該礼金が返還されることもない。

(長期前払費用) 100万円  (現金) 100万円

 

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.