ue

手形を割り引いた場合の勘定科目

投稿日:

手形の割引をした場合の勘定科目は、
割引手形or受取手形のマイナスとなります。

銀行等の金融機関に手形を割り引く場合、手形を相手方に引き渡します。
そうしますと、手形が手元から無くなりますので、受取手形のマイナスとして
処理するのが一般的な処理方法となります。

ただし、手形の割引は当該手形が決済されなかった場合には、
手形金額を返済する義務があります。

したがって、受取手形勘定をマイナスしても、
潜在的な債務は残ることとなります

そこで、会計では割引に付した手形金額を注記することとされていますが、
いちいち注記するのは面倒ですので、手形の割引時に、受取手形のマイナ
スではなく割引手形という勘定科目によって処理するという方法があります。

個人的にはその方が見易いと思いますが、どちらの方法も間違った方法
ではありませんので、お好きな方法を選択されると良いでしょう。

例)

10万円の手形を割引に付し、割引料1万円を差し引かれた金額が当座預金に振り込まれた。
なお、割引の処理は割引手形勘定を使用する。

(当座預金)9万円  (割引手形)10万円
(手形売却損)1万円

参考)

割引料の勘定科目

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.