ue

交際費5,000円基準とは

投稿日:

交際費として支出した金額のうち1人あたり5,000円以下の金額であれば、
税務上の交際費としなくて良い(=全額損金算入)することができます。

※損金とは税務上の費用のことを言います

ただし、5,000円基準に該当するには条件がありますので、
この条件を満たすかどうか必ずチェックするようにして下さい。

1.社外の人間が1人でも入っていること(関係会社でもOK)

いわゆる社内接待はNGです。
得意先・仕入先・税理士etc誰でも良いので社外の人間が最低1人いる必要があります。

2.ゴルフに付随するものでないこと

ゴルフ中の昼食やゴルフ後の飲み会などは5,000円基準の適用ができません。
ゴルフに付随するものは全て交際費とするのが課税庁の考え方なんですね。

3.5,000円基準を適用させるために途中で会計を済ませたようなものでないこと

会計が1人5,000円を超えてしまいそうなのでいったん会計を済ませ、
その後また同じ店で飲み続ける・・・といったような行為をした場合は、
5,000円基準の適用を受けることはできません。
ただし、1次会・2次会と店を変えていれば、各々、5,000円基準の適用があります。

4.一定書類を保存していること

以下の事項が記載された書類を保存する必要があります。

・飲食の年月日
・参加した得意先等の氏名・名称・関係
・参加者の数
・金額、飲食店の名前・所在地

領収書に上記の旨を記載するか、別紙に書いて当該別紙を領収書に添付しておきましょう。

なお、5,000円は税込か税抜かとよく聞かれますが、それは経理処理によります。
税抜経理の会社であれば税抜5,000円、税込経理の会社であれば税込5,000円となります。
税抜経理であれば、1人5,250円まで大丈夫ということですね。

例)
得意先との食事をし30,000円(税抜)を支払った。
なお、参加人数は合計で7人であった。
この場合、5,000円基準の適用は受けられるか。

30,000÷7=4,285円 ∴5,000円基準の適用あり

 

~スポンサードリンク~

-法人税・所得税・消費税関係
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.