ue

消費税等の中間申告

投稿日:2013年7月2日 更新日:

消費税等は、前年の実績に基づいて中間申告をする必要があります。
具体的な金額は次の通りです。

■前年度の支払消費税等の総額が6,000万円以上の場合

11回に渡り以下の金額を支払います。

前年度の支払消費税等の総額÷12
(100円未満の端数切捨)

なお、第1回目の支払期限は、以下の通りです。

・法人
その事業年度開始日から4ヶ月以内となります。
(3月決算法人の場合であれば7月末日)

・個人
5月末日

その後は、1ヶ月毎に支払いをします。
(3月決算法人の場合であれば、8月末日~5月末日)

■前年度の支払消費税等の総額が500万円以上の場合

3回に渡り以下の金額を支払います。

前年度の支払消費税等の総額÷4
(100円未満の端数切捨)

なお、第1回目の支払期限は、以下の通りです。

その事業年度開始日から5月以内
(3月決算法人の場合であれば8月末日)

その後は、3ヶ月毎に支払いをします。
(3月決算法人の場合であれば、11月末日・2月末日)

■前年度の支払消費税等の総額が60万円以上の場合

以下の金額を1回支払います。

前年度の支払消費税等の総額÷2
(100円未満の端数切捨)

支払期限は、その事業年度開始日から8月以内となります。
(3月決算法人の場合であれば11月末日)

※消費税等とは、消費税及び地方消費税の合計額を言います。
 →単純に5%部分ということです。

消費税の中間申告はかなり複雑となっていますが、
基本的には税務署から通知がきますので、その通りに支払えばOKです。
ただし、納税資金を確保する意味からも、いついくら払うのかを認識しておきましょう

 

 

バナー

sita

~スポンサードリンク~

-法人税・所得税・消費税関係
-, , ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.