ue

合鍵(スペアキー)の勘定科目

投稿日:2013年1月8日 更新日:

e869db999dd8b73106f2e46739595089_s

事務所や店舗などの合鍵を作成した際の費用は、資産維持費か消耗品費となります。

合鍵や鍵交換の費用が10万円未満の場合は、消耗品費になります。最近、ディンプル式などかなり高価な鍵もありますので、その場合は10万円以上となるケースがあるかも知れません。

仮に10万円以上となるのであれば、それは消耗品費には該当しません。10万円以上となる場合は、次のように取扱います。

■個人事業者、中小法人の場合

・10万円以上30万円未満 ⇒ 備品費
・30万円以上 ⇒ 備品(資産)

■大法人の場合

・10万円以上20万円未満 ⇒ 備品費(※)
・20万円以上 ⇒ 備品(資産)

※10万円以上20万円未満の場合は費用にした場合に限り、一括償却資産として3年間で均等償却をすることができます。

例)
合鍵を作製し1,000を現金で支払った。

(消耗品費)1,000  (現金)1,000

スポンサードリンク

-勘定科目事例
-, ,

Copyright© 勘定科目大百科 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.