「 法人税・所得税・消費税関係 」 一覧

no image

消費税増税による事業者への影響

昨日、消費税が8%に増税されることが発表されました。 これにより、平成26年4月1日以降の課税資産の譲渡等につきましては、 現行の税率5%から新税率8%へと移行することとなります。 個人の生活では結構 ...

no image

所得税又は法人税に係る青色申告の届出していますか?

個人事業者であっても法人であっても、青色申告という制度があります。 青色申告とは、 ・一定帳簿の備付け ・帳簿保存 をすることで、税務上の特典が受けられる制度です。 税務上の特典のうち主なものは次の通 ...

no image

源泉徴収額に係る納付の特例を利用していますか?

所得税法では、事業者が源泉徴収した税額は、原則として 源泉徴収をした日の翌月10日までに、国に納付することが定められています。 ただし、給与等に係る源泉徴収については、 給与等の支払いを受ける者が常時 ...

no image

交際費5,000円基準とは

交際費として支出した金額のうち1人あたり5,000円以下の金額であれば、 税務上の交際費としなくて良い(=全額損金算入)することができます。 ※損金とは税務上の費用のことを言います ただし、5,000 ...

no image

交際費等の取扱いについて

法人税では、交際費を原則として損金に算入することができません。 この交際費とは何かと言いますと、次のように定義されています。 ※損金とは税務上の費用のことを言います 交際費・接待費・機密費その他の費用 ...

no image

消費税等の中間申告

消費税等は、前年の実績に基づいて中間申告をする必要があります。 具体的な金額は次の通りです。 ■前年度の支払消費税等の総額が6,000万円以上の場合 11回に渡り以下の金額を支払います。 前年度の支払 ...

法人税・消費税の格安申告ソフト

税金の申告ソフトは何を使っていますか? こんな質問を受けましたので、ここで紹介します。 私が今使用しているのは、パーソナルメディア社の法人税全表というソフトです。 このソフトのいいところは、法人税・住 ...

a0002_010998

どの勘定科目を使えばいいか?

あまり経理に慣れていない事業者の方ですと何かあった場合に、 「どの勘定科目を使えばいいのか?」に頭を悩ませることがあるかと思います。 もちろん、ある程度のルールがありますので、それに従って仕訳をするの ...

a0002_010859

個人と法人の税務申告の違いについて

税務申告をする場合、個人が法人かでそのやり方が異なります。 個人の場合は所得税法、法人の場合には法人税法が基礎になります。 根拠法が違いますので、やり方も異なってくるんですね。 個人には個人の、法人に ...

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.