勘定科目、仕訳のことなら税理士が伝授する勘定科目大百科へ

勘定科目大百科

「 法人税・所得税・消費税関係 」 一覧

a0002_011007

平成27年度税制改正に係る住民税均等割の計算(後編)

前回の記事で、平成27年度税制改正の1つに、住民税均等割の計算に係る、 資本金等の額の算定方法が変わることをお伝えしました。 税率算定の基礎となる資本金等の額の計算において、 従来は自己株式の額を控除 ...

a0002_010998

平成27年度税制改正に係る住民税均等割の計算(前編)

平成27年度税制改正の1つで、住民税均等割の計算に係る、 資本金等の額の算定方法が変わります。 複数の改正がありますので、今回は前編をお伝えします。 税制改正案によりますと、住民税均等割の税率区分基準 ...

a1600_000261

書画・骨董・絵画・工芸品などの美術品が減価償却可能に?

今まで、書画・骨董・絵画・工芸品などの 美術品を購入した場合、原則として備品として計上し、 減価償却をすることができませんでした。 参考) 美術品の勘定科目 ですが、税制改正に伴い、取得価額100万円 ...

a1180_011263

接待飲食費の50%損金算入と中小法人の定額控除の関係

気が付けば5月ということで、3月決算法人の確定申告期限月となりました。 3月決算法人から平成26年度の税制改正が適用されますね。 さて、平成26年度の税制改正で大きなものの1つに、 接待飲食費の50% ...

a0002_009635

減価償却とは何かをできるだけ簡単に説明してみます(後編)

前編において減価償却とは何?ということを確認しました。 後編では、減価償却のちょっと応用を確認するとともに、 簡単な節税方法もご紹介していきます。 1.中古資産の耐用年数 耐用年数は、新品で購入した場 ...

a0002_010920

減価償却とは何かをできるだけ簡単に説明してみます(前編)

1.減価償却の計算要素 減価償却とは減価償却資産の取得価額を、 一定期間に渡って費用化する方法をいいます。 減価償却の計算要素は次の3点です。 ・取得価額 取得価額とは読んで字の如く、取得にかかった金 ...

a1180_009241

消費税の課税対象となる取引、ならない取引

実務をしていると、消費税が課税されるのか課税されないのか についてよく質問を受けます。 消費税率が8%になり、その影響額も大きいことから、 ここで消費税が課税されるかどうかの判定の仕方を紹介します。 ...

a0002_011007

電気工事を資産計上した場合の耐用年数について

電気工事で20万円以上(中小法人は30万円以上)のものについては、 費用にすることができず建物附属設備として資産計上をします。 ※詳細は以下の記事をご確認下さい。 電気工事の勘定科目 建物附属設備は簡 ...

a0002_011034

パーテーション(間仕切り)の耐用年数

パーテーション(間仕切り)で一定額以上のものについては、 費用ではなく建物附属設備として資産計上をします。 ※詳細は以下の記事をご確認下さい。 パーテーション(間仕切り)の勘定科目 建物附属設備は「建 ...

no image

平成27年度税制改正に係る受取配当等益金不算入規定の見直しについて

平成27年度税制改正では、税率が下がるという圧倒的なメリットがありました。 しかし、当然下がった分の税収を補完する必要が出てきます。 そこで白羽の矢が立ったのが、受取配当等益金不算入制度になります。 ...

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.