「 経費関係 」 一覧

2014y01m09d_123342656

少額減価償却資産の特例が受けられる法人・個人の条件とは?

資産を購入した場合、その金額によって、次のように区分します。 ■取得価額10万円未満 消耗品費として費用処理 ■取得価額10万円以上20万円未満 一括償却資産として3年間で均等償却 参考) 消耗品費の ...

b0a4fdce0e059950054157822a57d512_l

寄附金の概要

寄附金(又は寄付金)とは、次の行為に対して支出した金銭又は役務の提供を言います。 ・資産の贈与 ・資産の無償貸付 ・無償の役務提供 つまり、「対価がなく」資産の譲渡・貸付け又は役務の提供をした場合、そ ...

no image

資本的支出と修繕費はどのように区分するのでしょうか

資産に対して支出した金額は、その資産の増加として扱う場合と、 その資産の修繕として扱う場合とがあります。 資産の増加となるケースを「資本的支出」と言い、 資本的支出があった場合は、減価償却を通じて費用 ...

a1180_011253

一括償却資産について

取得価額10万円以上20万円未満の資産は一括償却資産と呼ばれ、 通常の資産と同じ償却方法ではなく、 取得価額÷3 をその事業年度の償却費とすることができます。 ※正確には、取得価額×その事業年度の月数 ...

no image

カード払いについて

カード支払の場合、その場で現金の支払はありません。 後日、カード会社からの請求によって、預金口座から引き落とされることになります。 そうすると、どのように仕訳をするのが良いかというお話になります。 一 ...

no image

貯蔵品の勘定科目

貯蔵品とは、商品以外のモノで近い将来、売却又は使用する予定のものになります。 具体的には、郵便切手やレターパック、印紙等の有価証券や、 除却した有形固定資産の鉄くず等になります。 特に注意してもらいた ...

a0002_011006

修繕費の概要

修繕費とは、資産の修繕に要した費用を言います。 ただ、そこまで発生する項目ではないため、 資産維持費と混ぜてしまうケースも多々あります。 資産維持費勘定があるのであれば、修繕費勘定は必要ありません。 ...

a0002_010920

減価償却費の概要

30万円以上の資産を購入した場合、その購入価格を一括して費用にすることはできません。 この場合には、減価償却(げんかしょうきゃく)という手続きを取って費用にしていくことになります。 減価償却の計算方法 ...

a0002_010855

雑費の概要

雑費とは、何の科目にも該当しない費用を言います。 ただ、普通は何かしらの科目がありますので、 基本的には雑費勘定は使用しません。 なんでもかんでも困ったら雑費にする方もいるようですが、 雑費は少額のも ...

a0002_009635

通信費の概要

通信費とは、電話やインターネット等に要した費用をいいます。 また、切手やハガキなども通信費になりますが、 これらについては原則として「資産」になります。 継続して通信費として処理している場合に限り、 ...

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.