「 勘定科目事例 」 一覧

no image

逓増定期保険の勘定科目

逓増定期保険の保険料を支払った場合の勘定科目は、 支払保険料と保険積立金(資産)になります。 逓増定期保険はだんだん保証額が上がっていく定期保険で、 最初のうちは積立性が高く、後の方は保障が高くなるよ ...

no image

マンションの勘定科目

マンションを購入した場合の勘定科目は、土地・建物と建物付属設備になります。 マンションは、土地と建物だけというイメージが強いかもしれませんが、 例えばエレベーターについては、建物付属設備として取り扱う ...

a0001_017626

取引先が破産した場合の勘定科目

売掛金を有する取引先が破産した場合の勘定科目は、 破産更生債権になります。 破産といっても色々あって、 ・破産債権 ・更生債権 ・再生債権 などがあります。

a1180_011253

屋根工事の勘定科目

屋根工事をした場合の勘定科目は、建物(資産)or建物付属設備(資産)か修繕費になります。 屋根を工事するというと、新築・増改築の場合と修繕の場合が考えられます。 新築・増改築の場合の勘定科目は建物(資 ...

a0001_017610

プレミアム商品券で売り上げた場合の勘定科目

売上の対価としてプレミアム商品券を受け取った場合の勘定科目は、売上になります。 最近、各自治体でプレミアム商品券が販売されています。 私が住む地域でも、1万円で11,500円分の商品券を購入することが ...

a1180_010916

アルミホイールの勘定科目

アルミホイールを購入した場合の勘定科目は、修繕費か車両になります。 車両の車輪をアルミホイールに交換した場合、 基本的にはその車両に対する資本的支出をしたものと 考えますので、勘定科目は車両(又は車両 ...

a1180_009241

アルミホイルの勘定科目

アルミホイル(アルミ箔)を購入した場合の勘定科目は、消耗品費になります。 アルミホイルの用途は様々ありますので、 会社でアルミホイルを購入することもあるでしょう。 その場合の勘定科目ですが、アルミホイ ...

a0960_005143

サランラップの勘定科目

サランラップを購入した場合の勘定科目は、消耗品費になります。 サランラップは数百円で購入できるものですので、 勘定科目を消耗品費として当期の損金(必要経費) にすることができます。 あまりないかも知れ ...

a0002_008324

神棚の勘定科目

神棚の勘定科目は消耗品費か備品費か備品(資産)になります。 多くの会社では、会議室や社長室などに神棚があることがあります。 この場合の神棚購入費用の勘定科目は、消耗品費になります。 なお、神棚の設置を ...

a0002_011006

玉串料の勘定科目

玉串料を支払った場合の勘定科目は、寄附金か雑費になります。 玉串料と初穂料、何が違うの?というご意見あるかと思いますが、 勘定科目としては玉串料も初穂料も同じで、寄附金か雑費になります。 また、玉串料 ...

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.