「 勘定科目事例 」 一覧

a1600_000261

敷金を差し入れた場合の勘定科目

事務所や店舗の敷金を支払った場合、差入保証金(資産)になります。 預け入れた敷金は費用にすることができませんので、注意して下さい。 敷金は原則として返ってくるものですので、預け金のようなイメージになり ...

a0002_011084

給与から天引きする所得税等の勘定科目

給与から天引きする所得税・各種保険料の個人負担分は、預り金(負債)になります。 所得税や各種保険料につきましては、従業員が直接納付するのではなく、 会社で天引きをして、月単位でまとめて納付を行います。 ...

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s

ソフトウエアの勘定科目

ソフトウエアの勘定科目は、消耗品費or備品費かソフトウエア(資産)になります。 ソフトウエアと言いますと何かパッとしないところがあるかと思いますが、基本的にITインフラのようなものはソフトウエアだと認 ...

721140

収入印紙の勘定科目

収入印紙の勘定科目は、租税公課か貯蔵品になります。 印紙は、課税文書に対して課される税金であり、契約書などに貼る収入印紙は、印紙税という税金を収入印紙によって納税したという取り扱いですね。したがって、 ...

a0002_011007

月極駐車場代の勘定科目

月極駐車場代の勘定科目は、地代家賃か資産維持費になります。 コインパーキングなどをスポットで使用した場合の駐車場代金は旅費交通費ですが、 月極駐車場のように継続して駐車場代を支払うような場合は、地代家 ...

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.