「 勘定科目事例 」 一覧

a1180_009241

仲介手数料の勘定科目

仲介手数料の勘定科目は、支払手数料になります。 何らかの形で仲介手数料と言った名目で費用が発生することがあるかと思います。 このような場合は、基本的に支払手数料勘定を使用すれば問題ありません。 ただし ...

258b3bc36075742c54ed1991064ce51f_s

駐車場代の勘定科目

駐車場代の勘定科目は、地代家賃か交通費になります。 勘定科目の違いは、月極駐車場の賃料かコインパーキング等の時間貸駐車場の賃料かによります。 ■月極駐車場 ⇒ 地代家賃 月極駐車場の場合は、事務所を借 ...

a0003_001808

防災用品の勘定科目

防災用品を購入した場合の勘定科目は、消耗品費になります。 防災ずきんやヘルメット、非常食などの防災用品を購入した場合、 これらの購入費用は一括して消耗品費として処理できます。 なお、従業員1人1人に防 ...

a0002_011298

弁当の勘定科目

会議などで弁当を出した場合の勘定科目は、会議費になります。 なお、従業員に対して弁当代という名目で金銭を支払った場合、 給与になる可能性がありますので注意して下さい。 また、高価な弁当の場合、交際費に ...

a0002_011084

弁護士費用の勘定科目

弁護士費用の勘定科目は、支払報酬になります。 なお、弁護士だけではなく、税理士・会計士・司法書士等への報酬も支払報酬勘定でOKです。 会社によっては、支払手数料勘定を使用しているところもありますが、 ...

742bf89589b274b51a37eefadf7c8ee6_l

募金の勘定科目

募金をした場合の勘定科目は、寄付金になります。 会計上は、募金=寄附金とすれば問題ありませんが、税務上はちょっと違った扱いになりますので、軽くまとめておきます。 ・法人の場合 寄付金は損金(税務上の費 ...

a0002_011007

資格取得のための費用の勘定科目

簿記などの資格を取得するために要した費用は、福利厚生費になります。 ただし、これは従業員が資格を取得するために支出した場合の勘定科目になります。 従業員への福利厚生的な取扱いですね。 役員の場合は、役 ...

a0002_010998

備品の勘定科目

備品を購入した場合の勘定科目は、消耗品or備品費か備品(資産)になります。 判断基準は次の通りです。 ■個人事業者、中小法人の場合 ・10万円未満⇒消耗品費 ・10万円以上30万円未満⇒備品費 ・30 ...

a0002_010920

預り保証金の勘定科目

保証金を預かった場合の勘定科目は、長期預り金になります。 敷金を差し入れた場合の勘定科目は差入保証金でしたが、 敷金を受け入れた場合の勘定科目は「長期」預り金になります。 1年以内に返す予定であれば預 ...

a0002_010857

アプリの勘定科目

携帯電話などでアプリをダウンロードした場合には、通信費か消耗品費となります。 携帯電話の料金と共に請求されるような課金アプリであれば、 そのまま通信費として処理するのが妥当だと思います。 ただ、高額な ...

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.