勘定科目、仕訳のことなら税理士が伝授する勘定科目大百科へ

勘定科目大百科

「 勘定科目事例 」 一覧

a1600_000261

移設費用の勘定科目

固定資産を移設した費用の勘定科目は、修繕費か業務委託費になります。 工場の機械などを移設する際に生じた費用は、 機械などの固定資産に係る費用となり、 資本的支出に該当しないことから、修繕費とするのが一 ...

a1750_000031

維持管理費用の勘定科目

固定資産などの維持管理に要した費用の勘定科目は、修繕費か業務委託費になります。 維持管理費用は、何かの資産を使用するために必要な支出になりますので、 定期的なメンテナンス業務であり、一種の修繕に該当し ...

a0002_010998

過怠税の勘定科目

印紙税の過怠税を支払った場合の勘定科目は、租税公課になります。 一般には、税と名の付くもので、法人税・住民税・事業税、 消費税以外の税金については、租税公課として経理します。 もちろん、納税充当金(未 ...

写真 1

赤い羽根共同募金の勘定科目

赤い羽根共同募金をした場合の勘定科目は、寄付金になります。 募金と言いますと個人がするイメージがありますが、 法人でも赤い羽根共同募金などの募金をすることがあります。 こういった募金関係の勘定科目につ ...

a0002_011006

アーケードの勘定科目

店舗等にアーケードを設置した場合の勘定科目は、建物付属設備になります。 日よけ・雨よけ等の理由によりアーケードを設置する場合、 建物に付属する設備として建物付属設備として処理をします。 建物としてしま ...

a0002_011013

斡旋(あっせん)費用の勘定科目

斡旋費用を支払った場合の勘定科目は、支払手数料になります。 斡旋費用とは、何かを斡旋してもらった場合の費用で、 不動産会社に支払う斡旋料などが一般的ですかね。 また、アフィリエイト報酬なんかも斡旋費用 ...

a0003_001887

為替予約(振当処理)の勘定科目

為替予約(振当処理)があった場合の勘定科目は、為替差損益と前払費用(前受収益)になります。 為替予約は、外貨建の売上や仕入取引等をした場合に、 債権債務の為替変動リスクを回避するために、 為替レートを ...

no image

逓増定期保険の勘定科目

逓増定期保険の保険料を支払った場合の勘定科目は、 支払保険料と保険積立金(資産)になります。 逓増定期保険はだんだん保証額が上がっていく定期保険で、 最初のうちは積立性が高く、後の方は保障が高くなるよ ...

no image

マンションの勘定科目

マンションを購入した場合の勘定科目は、土地・建物と建物付属設備になります。 マンションは、土地と建物だけというイメージが強いかもしれませんが、 例えばエレベーターについては、建物付属設備として取り扱う ...

a0001_017626

取引先が破産した場合の勘定科目

売掛金を有する取引先が破産した場合の勘定科目は、 破産更生債権になります。 破産といっても色々あって、 ・破産債権 ・更生債権 ・再生債権 などがあります。

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.