「 勘定科目事例 」 一覧

no image

営業保証金の勘定科目

営業保証金を差し入れた場合の勘定科目は、差入保証金(又は単に「保証金」)となります。 営業保証金は一定の契約に従って、サービスや権利などを得るために支払う金銭のことを指します。この際、その保証金が将来 ...

757d608f2641c0f4fec458c66895df21_s

ETCの勘定科目

ETCを使った場合の勘定科目は、旅費交通費になります。 ETCは高速道路の料金ですので、交通費になるんですね。ETCカードの請求がきた時に旅費交通費とするのが一般的です。 また、社用車にETCが付いて ...

a0001_009120

エアシャワーの勘定科目

エアシャワーを購入した場合の勘定科目は、 消耗品費or備品費or建物付属設備(資産)となります。 エアシャワーは工場などで使用され、 作業服や靴族に付着した塵埃を除去する装置です。 勘定科目としては機 ...

a0001_009120

エアカーテンの勘定科目

エアカーテンを購入した場合の勘定科目は、 消耗品費or備品費or備品(資産)となります。 エアカーテンは出入りが多い店舗のような場所で、 ドア等の開閉による冷気・暖気の損失を低減させ、 かつ、ホコリな ...

a1180_011033

原付バイクの勘定科目

原動機付自転車(いわゆる「原付バイク」)を購入した場合の勘定科目は、 消耗品費or備品費or車両又は車両運搬具(資産)になります。 原付バイクは普通乗用車と同じで、 原則として車両又は車両運搬具として ...

a0002_010779

電動自転車の勘定科目

電動アシスト付自転車を購入した場合の勘定科目は、 消耗品費か備品費になります。 電動アシスト機能が付いた自転車については、 通常の自転車よりも高価であることから、 金額判定によって勘定科目を以下のよう ...

a1180_010888

カード発行手数料の勘定科目

カード発行手数料を支払った場合の勘定科目は、支払手数料になります。 ネットバンクではキャッシュカードがないケースが多いです。 ですが、当然キャッシュカードが欲しいという需要はあります。 そこで、大体の ...

a0001_017626

他社売上の勘定科目

他社売上をうけとった場合の勘定科目は、仮受金になります。 この場合の他社売上とは、店舗等を他社に貸して、 そこでカード売上等があった場合に、 いったん自社口座に売上代金が振り込まれた場合を指します。

a0003_001887

情報提供料の勘定科目

情報提供料を支払った場合の勘定科目は、支払手数料になります。 情報提供料とは、取引の媒介、代理、斡旋等の役務提供を指します。 情報提供料についても、交際費との関係が指摘される箇所になります。

a0002_011034

売上奨励金を支払った場合の勘定科目

売上奨励金を支払った場合の勘定科目は、販売手数料になります。 売上奨励金は、売上の増大を目的として支払われる奨励金であり、金銭で支払われるのが一般的です。 この金銭で支払われるというのが大切で、金銭以 ...

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.