勘定科目、仕訳のことなら税理士が伝授する勘定科目大百科へ

勘定科目大百科

「 節税講座 」 一覧

a1180_011263

中小企業が社宅を手に入れる方法 節税講座5-1

今回のテーマは、「社宅を手に入れる方法」になります。 中小企業であっても社宅を持つことができます。 また、個人事業者の場合であっても、自宅を事務所とすることも可能です。 個人事業者の場合は、家事按分を ...

a1180_011253

節税講座4【会議費編】のまとめ 節税講座4-3

なんでもかんでも会議費とする会社があったのですが、税務調査で否認(※)を受けました。 当人曰く「打ち合わせの費用だ!」とのことだったのですが、 やはり勤務時間外の飲食については交際費とするのが一般的と ...

a1180_009241

節税講座4-2 1万円のランチは会議費になる??

■会議費・昼食費の要件 会議費・昼食費に該当するためには、節税講座4-1の内容に追加して、 次の要件を満たす必要があります。 ・勤務時間内であること 接待も仕事だから勤務時間じゃないかと思われるかも知 ...

a0003_001808

節税講座4-1 お酒を飲んでも会議費にする方法

今回のテーマは、「会議費」についてです。 一般に、会議費と交際費の線引きは難しい論点です。 接待であっても業務ですから、会議と言えば会議ですよね。 その辺の線引きをしっかりとすることで、交際費ではなく ...

a1180_011258

節税講座3【交際費編2】のまとめ 節税講座3-3

5,000円基準は、1人あたり5,000円以下の飲食であれば、 交際費として損金不算入としなくて良い規定であり、 中小法人のみならず大法人も利用できる非常に良い規定です。 要件をまとめますと、 ・ゴル ...

a1600_000261

5千円以下の少額飲食代は全額損金? 節税講座3-2

■5,000円基準の概要と要件 5,000円基準は、次のように定義されています。 飲食その他これに類する行為のために支出する費用(専らその法人の役員 若しくは従業員又はこれらの親族に対するものを除く) ...

a1180_011253

交際費は全額損金不算入だとお考えではありませんか? 節税講座3-1

■交際費にしないことができる飲食代 福利厚生的な飲食の場合は、交際費としないことができました。 ただし、こちらについては内部の人達に対する飲食ですので、 あまり要件をみたすようなことがありません。 全 ...

a0002_011034

節税講座2【交際費編】のまとめ 節税講座2-3

交際費と言うと全額損金不算入というイメージが強い方もいらっしゃるかと思います。 たしかに、今までは大法人の場合は全額損金不算入となり、中小企業であっても、 一部が損金不算入となるものでした。 しかし、 ...

a0001_017626

交際費としなくてはいけないもの、しなくても良いもの 節税講座2-2

■交際費となるものならないもの 基本は、接待・供応・慰安・贈答が交際費になりますが、 これらの中で交際費としなくても良いものもありますし、 交際費にしなければならないものもあります。 大事なところです ...

交際費は税務上の費用にならない? 節税講座2-1

交際費とは 交際費とは、事業に関係のある者(得意先・仕入先・役職員など)に対する、 接待・供応・慰安・贈答その他これらに類する行為をすることを言います。 基本的には、飲食や贈答、冠婚葬祭に係る支出は、 ...

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.