「 節税講座 」 一覧

a0002_010855

節税講座7-4 節税講座【減価償却資産編】追記

今回の節税講座についてご質問がありましたので、シェアします。 Q. 「中小企業が30万円未満の減価償却資産を年間300万円以上購入した場合はどう処理するのですか?」 一定の中小企業は、取得価額30万円 ...

a1180_011263

節税講座【減価償却資産編】まとめ 節税講座7-3

減価償却資産を購入した場合、減価償却によって費用化をしていかなければなりません。 つまり、買ったとしても、その年に一気に全額を費用とすることができません。 そうすると、決算前の駆け込み需要で資産を購入 ...

a0002_010859

お得な減価償却制度!?一括償却資産と少額減価償却資産とは 節税講座7-2

10万円以上の減価償却資産については、減価償却を通じて費用化するのが原則ですが、 原則があれば例外もあります。 それが、今回ご紹介する一括償却資産と少額減価償却資産になります。 ■一括償却資産 取得価 ...

a1380_000387

減価償却資産をその年に全額費用化する条件 節税講座7-1

今回のテーマは、「減価償却資産を使った節税」になります。 ■減価償却資産とは 通常、お金を払ったものは経費として費用処理をします。 商品を購入すれば仕入ですし、消耗品を購入すれば消耗品費です。 ですが ...

a1180_011258

節税講座6【役員社宅編】まとめ 節税講座6-4

役員社宅は、木造であれば132平米以下、鉄筋であれば99平米以下の社宅であれば、 従業員の社宅と同様に取扱うことができますので、 賃貸料相当額の15%~50%程度を支払っておけば問題ありません。 細か ...

a1600_000261

役員社宅があるとどの位費用にできるのでしょうか? 節税講座6-3

通常、自宅であれば自分のお金で家賃を支払う必要があります。 しかし、役員社宅の規定を適用すれば、賃料の一部を会社の経費とすることができます。 しかも、自己負担分が適正額であれば、会社が負担した家賃分は ...

a1180_011253

役員社宅と役員給与の密接な関係 節税講座6-2

  適正な賃貸料相当額よりも少ない金額しか受取っていない場合、 その金額は役員給与 として扱います。 もちろん、賃貸料相当額を1円も受取っていない場合も同様です。 例) 賃借料15万円の物件 ...

a0002_008324

役員の自宅を社宅にする方法 節税講座6-1

今回のテーマは、「役員の自宅を社宅にする」になります。 従業員の社宅が可能であれば、役員の社宅はどうなの? と思われた方もいらっしゃったかと思います。 結論としましては、「役員の社宅もOK」となります ...

a1180_011258

節税講座5【社宅編】のまとめ 節税講座5-3

今回の節税講座を読んで 「社宅は大企業のものだけではないんだ!」 ということにお気付き頂けたと思います。 社宅に係る費用は基本的に全額損金として落とせますので節税効果があり、 従業員にとっても非常にメ ...

a1180_011253

中小企業が社宅を手に入れるメリット・デメリット 節税講座5-2

借り上げ社宅を導入する場合のメリット・デメリットは次の通りです。 ■メリット 従業員にとって借り上げ社宅はかなりのメリットがあります。 従って、従業員の満足度が上がりますので離職率が下がることが想定さ ...

Copyright© 勘定科目大百科 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.